味噌ラーメン 宇部味噌らぁめん長州屋 食に魅せられた人生 店主 松山和孝

宇部味噌らぁめん長州屋 店主 松山和孝 食に魅せられた人生


 私は子供の頃から とにかく美味しい食べ物に興味を持ってました。幼い頃から海っぺりで育ち、活き活きとした魚介太陽をいっぱいに浴びた もちろん無農薬の野菜をふんだんに食べて育ったからでしょう。とにかく父が食にうるさく厳しいしつけを受けて 楽しい食事時間を沢山経験しながら過ごしました。

 

 そんな私が初めてラーメンを食べたのは 博多、長浜でした。どんぶりになみなみと注がれたスープ、熱々の麺を初めてすすった時の感動は、今も鮮明に覚えています。子供心に衝撃を受け この熱々のラーメンを造る日々が現在の私の職業になりました。

 

 33才で独立開業し、19年間営んだ洋風居酒屋をたたんでまでラーメン店を開業したのは 間違いなく初めてラーメンを食べた衝撃が深く残っているからだと思います。

 

 ラーメンの楽しさは どんぶり一杯に全てを盛り込める 一杯で完結できる美味しさにあると考えています。

 

山口県らーめん ヒストリー

 26年6月に初めて開店したお店 麺屋ひと潮 丸鶏と魚介のWスープ仕立て、自家製麺、国産チャーシュー、厳選した丸大豆醤油、特製の香味油、4種類の特選海塩・・・と 話せば尋常じゃないくらいの手間と原価がかかってました。もとろん無添加・無化調です。

 

 カロリーを抑え 出来る限り塩分濃度を控えめにした 身体に優しいラーメンを完成させました。渾身の力を込めて造った自身作のはずでした。 が・・・まったくお客さまがリピートしない、食すお客さまの表情に満足感を感じ取れない・・・日に日に暇になっていく日々。

 

 何が悪いのか全く理解出来なくなり 自分自身に自信が持てなくなって それがラーメンに表れていく。

 

 ただ何名かの常連客のお客さまには 足しげく通っていただきました。感謝!

 しかし毎月毎月 膨大な赤字を出してしまい 1日でお客さまが9人という日もありました。

 多くのスタッフもかかえていましたので あまりに辛く お店に立つ回数も減り 心が折れていきました。

 私が出勤しないのでスタッフ達にも不安を与えていきました。

 

 何か奮起を、一策を投じようと考え 東京 大阪 北海道 を食べ歩きました。かねてから頭の隅にあった味噌ラーメンの食べ歩きにです。 麺屋ひと潮の丸鶏と魚介のWスープ仕立てのラーメンでは 地域の方々には余り受け入れてもらえないと思ったのです。

 

日本古来の伝統食材である 味噌 に着目しており その魅力は汎用性の多さ、栄養バランスの良さ、そして美容や健康にも良いと考え 私自身にしか創れない 個性的な一杯を地域のお客様に提供したいと考えたからです。


 

山口県宇部市 らーめん

新しい風を吹かせたい そんな思いで始めたお店が 長州屋です

 

10月より 毎月毎月新しいメニューを投入します。

野菜をふんだんに盛り込んだ一杯

旬魚介を使った一杯

季節感と旬と感謝をこめて

宇部味噌らぁめん長州屋から 新しい風を吹かせますよ

 


食に魅せされた人生 店主 松山和孝